うちのコ!net HOME > 
お役立ちコラム > 
写真の撮り方

お役立ちコラム

うちのコのいいお顔が撮りたい


愛犬・猫家の皆さんならば、一度はペットの写真撮影に挑戦したことがあるはず。でも、なかなかいい写真って撮れないですよね。
しかし、ちょっとした工夫で皆さんのうちのコも可愛く撮れるんです!今回はそんな撮影のコツをご紹介。うまく撮れたら引き伸ばして、飾ってみてはいかが?

撮影の前に

●ペットの体調を見て
何と言っても主役はワンちゃん、ネコちゃん。具合の悪い日や、あまりに暑い日・寒い日はいい表情がとれません。ペットの様子の良い日を選びましょう。

●使いなれたカメラで
カメラの性能が必ずしも良い写真につながるわけではありません。撮る写真の内容によって、撮り方を変えれば、普通のコンパクトカメラや使い捨てカメラでも充分撮ることができます。まずは使いなれたカメラで挑戦してみましょう。

●飼い主さんが一緒にいてあげて
飼い始めたばかりの人や、ペットに慣れていない人が撮ると、どうしてもいい写真が撮れません。普段から愛情を注いでくれる飼い主さんと一緒にいることで、ペットの良い表情が生まれます。


さぁ、カメラで撮ってみよう!

●家の外で撮ってみる
アウトドア撮影の良さは、ペットの動きや活き活きとした表情が撮れること。また、太陽の光を活かして、自然な姿を撮るのが良いでしょう。

ワンちゃんの場合


ポイント1
「ワンちゃんの好きな遊び場で撮る」

ワンちゃんの好きな遊び場が格好のポイント。例えば水遊びの好きなワンちゃんなら海や湖のそばで。遊びたくって仕方のない、活き活きとした表情が撮れます。泳いでいる姿や水を払っている姿もかわいいですよね。



ポイント2
「イヌ係と撮る係。2人で撮れば、シャッターチャンスが増える」
公園で撮るときは、ワンちゃんを「放す係」と「撮影する係」に分けてみて。スタンバイして「よし、コイ!」と呼べば、まっすぐに走ってきます。そのとき気を付けたいのがカメラの位置。イヌの目線に合わせて、しゃがんで撮ると良い構図が作れます。イヌがそばに来るまでシャッターを切ってみれば、意外と良いショットが撮れるかも?



ネコちゃんの場合

ポイント1
「ポートレート風なシーンで演出してみる」

ネコちゃんは、家の中での写真が多くなってしまいますが、アウトドアでも工夫次第で素敵な写真が撮れます。例えば、お花畑に連れて行きます。そのとき、カゴや箱を持っていきましょう。その中にネコちゃんを入れて動かないようにします。「はい、ちょっとの間だけがまんして~!」ということで、こんな写真はいかがでしょうか?


ポイント2
「自然な姿を撮るなら辛抱強く」

ネコはアウトドアでも自由気まま。それでも、興味のあるものを見つけたときの身構えた姿や、探したりくぐったり、家の中では見られない動きを見せてくれます。そんな姿を撮りたいなら、辛抱強く一緒に歩くこと。放しても良さそうな公園や林などでチャレンジしてみては?
>>>次のページは・・・「家の中で撮ってみる」>>>