うちのコ!net HOME > 
ペットとの生活 > 
ペットの飼い方 Q&A > 
ペットとのお出かけ

ペットとの生活

いろんな疑問を少しずつ解決していきましょう!ペットと一緒に暮らす中で出てくる疑問はここで解決!ペットの飼い方 Q&A

第2回 ペットとのお出かけ
2018年6月

ペットも家族の一員ですから、お出かけするときには一緒に連れて行きたいですよね。
ペットとお出かけするときにはどんな準備が必要でしょうか?また、乗り物に乗せる時や、宿に泊まるときに必要なマナーとはどういったものでしょうか?

Q.愛犬と旅行に行くときにはどんな物を持って行けばいいでしょうか?

A.旅行の準備として、次のようなものをそろえておきましょう。

①いつも食べているフード
ワンちゃん同伴可能の宿ではワンちゃん用のごはんを用意してくれる場合もありますが、普段と違うフードだと食べない場合や、お腹を壊してしまうこともあります。いつも食べているフードを一食分ずつ小分けにして用意しておきましょう。

②トイレ用品
旅行先であってもウンチは必ず拾い、袋に入れて持ち帰りましょう。また、おしっこを洗い流すための水もペットボトルなどに入れて準備しておきましょう。どんな場所であっても排泄物の放置や不法投棄はマナー違反です。

③首輪または胴輪、リード、迷子札
野山であってもお散歩のときには必ずリードをつけて離さないようにすることがマナーです。しかし、それでも知らない場所で興奮したペットがリードを振り切って走り出したり、車から飛び出してしまうなどのアクシデントが起きてしまうことがあります。万が一、離れて迷子になってしまったときのために、住所、氏名、連絡先が書かれた札を首輪か胴輪につけておきましょう。

④健康証明書
ペットが泊まることのできる宿の多くはワクチン接種やノミ・ダニの予防が済んでいることが宿泊条件となっています。最新の狂犬病の鑑札、混合ワクチンの証明書などを持って行きましょう。

⑤いつも使っているタオルやおもちゃ
知らない場所に行くと神経質になって無駄吠えしたり、眠れなくなってしまうことがあります。そんなとき、普段と同じ匂いがあると落ち着きやすくなります。ケージの中に入れられるくらいの大きさのお気に入りを何か一つ、持って行きましょう。

Q.ワンちゃんをマイカーに乗せて旅行に行くときは、どんなことに注意すればいいでしょうか?

A.
①乗せる場所
車を運転中、ワンちゃんは車の後部座席のケージかクレートに入れておきましょう。同乗者が抱っこしていたり、リードでつないでいるだけだと、運転者の邪魔をしたり、事故が起きたときに車外へ飛び出してしまう危険があります。

②車酔いを避けるために
日頃から車に慣れさせておけば酔いにくくなりますが、長距離の旅行をするときには1〜2時間ごとに駐車し、ケージの外に出してトイレ休憩をとってあげましょう。乗車前の食事は普段よりも少な目に、車内のエアコンは涼し目に、時々窓を開けて換気をすると酔いにくくなります。よく、全開にした窓からペットが身を乗り出して風に当たっている姿が見られますが、転落事故になりかねません。危険なのでやめましょう。車酔いしやすいと前もってわかっているときは、病院で酔い止めの薬をもらっておいてもいいでしょう。

Q.ワンちゃんを電車などの公共交通機関に乗せるときにはどんなことに気をつければよいでしょうか?

A.日本では、電車にペットを乗せるときは必ずペット用キャリーバッグなどの蓋ができるケースに入れておくことが求められます。ケースの大きさは鉄道会社によって制限がありますので、事前に聞いておきましょう。(JRでは長さ70cm以内、タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度、重さ10kg以内です。)また、乗車賃も会社によって無料から手荷物料金程度がかかることがあるため、確認しておきましょう。(JRではケース1つにつき280円かかります。)車内でケージの外に出すことは禁じられていますので、ケース内で吠えたり、粗相をしたりしないよう、事前にクレートトレーニングをして慣らしておきましょう。

Q.ペットも泊まれる宿では、どのようなマナーが求められるでしょうか?

A.ペットも泊まれる宿ではおそらく他のペットもいることと思います。ドッグカフェやドッグランなどを併設しているところも多いため、初対面のワンちゃんを見ても吠えたり喧嘩を売ったりしないことが最低限のマナーになります。
部屋に入る時には足を濡れタオルやウェットティッシュなどでよく拭いて、外の汚れを持ち込まないようにしましょう。人のベッドやソファ、テーブルなどの上には乗せないように気をつけ、部屋にいるときでも必ず誰か人がついているようにしましょう。部屋に備え付けのタオルやコップなど、人の物とペットの物はきちんと区別して使用するのも大切なマナーです。
その他、食事やトイレをする場所や、ペットが寝る場所などは宿のルールに従うようにしましょう。

まとめ

もちろん、ペットは飼い主といつでも一緒にいることが幸せですが、お出かけに慣れていないワンちゃんや猫ちゃんの多くはあまり旅行が好きではありません。もしもお出かけでストレスが強くかかる心配があるならば、無理をしないようにしましょう。あくまで、ペットも楽しめるようなお出かけを考えて あげてくださいね!