うちのコ!net HOME > 
ペットとの生活 > 
ワンちゃんの基礎知識[犬図鑑] > 
プードルについて

ペットとの生活

犬図鑑 この犬種ってどんな性格?歴史や特徴を知りたい!

第1回 プードルについて
2018年1月

トイプードルは国内の人気犬種ランキングでここ数年連続して 1 位となっています。ふわふわの巻き毛とつぶらな瞳、しつけのしやすさなど、プードルは魅力いっぱいの犬種です。

プードルの歴史

プードルはヨーロッパに伝わる非常に古い犬種の一つで、もとは水鳥猟の回収作業犬として活躍していました。冷たい水中でも作業をしやすいように、心臓や関節などを保護する目的で一部の被毛を残してカットするようになったのがプードルクリップの始まりです。しっぽの先の毛を残すポンポンも、水泳中の目印のために残していたようです。
ドイツ語の“水が跳ねる”“泳ぎ上手”を意味する“Pudel(プーデル)”が名前の由来になりますが、16 世紀にフランスに渡ると“フレンチ・プードル”として小型化、上流階級の婦人相手の愛玩犬として飼われるようになりました。

プードルのサイズ

プードルは現在、JKC(ジャパンケンネルクラブ)によって4つのサイズに分かれています。

スタンダード:体高 45~60 センチ(プラス2センチまで許される)
ミディアム :体高 35~45 センチ
ミニチュア :体高 28~35 センチ
トイ :体高 24~28 センチ(25 センチが理想とされている)

最近、トイプードルよりもさらに小さなタイニーやティーカップと呼ばれる品種もいますが、これらは販売上の商品名のようなもので、犬種としては認めらていません。ちなみにタイニーの体高は 23 センチほど、ティーカップの体高は 20 センチほどとされています。

プードルの毛色

基本的に単色(ソリッド・カラー)であればどんな色でも認められており、現在 14 色が認定されています。
基本となる毛色はブラック・ホワイト・ブラウンの3色で、その他レッド、アプリコット、シルバー、ベージュ、シルバーベージュ、シャンパン、カフェオレ、クリーム、ブルー、グレー、シルバーグレーがあります。
まれにミスカラ―やパーティーカラーと呼ばれる2色以上の毛色が出ることがありますが、血統書は取れないものの家庭犬としては問題なく、海外ではむしろ人気があるようです。

プードルの特長

毛質は硬めの巻き毛で、抜け毛も体臭も少ないのですが、被毛は伸び続け、絡みやすいため、毎日のブラッシングと定期的なトリミングが欠かせません。
基本的に明るく、賢く、従順な性格のため、しつけは容易です。運動能力も高いので、アジリティーやフリスビーも一緒に楽しむことができるでしょう。褒めるとご機嫌になりやすいので、出来ないことを叱るのではなく、出来たことをいっぱい褒めてあげましょう。ただし、それは自分中心的な性格ともいえますので、飼い主さんとの主従関係をしっかり築くようなしつけをすることが大切です。

プードルの食事

プードルは張りのある巻き毛がチャームポイントですから、皮膚や被毛によい成分(亜鉛やオメガ3脂肪酸)を含んだフードがお勧めです。
また、アレルギーによる皮膚疾患などにもかかりやすい犬種ですから、なるべく添加物は少ないほうが良いでしょう。
体の小さいプードルには粒が小さなものや、ソフトタイプのものを選んであげましょう。

プードルは人気ナンバーワンになるだけあって、たくさんの魅力を持った犬種です。現在飼われている方も、これから飼おうと計画されている方も、プードルと素敵なペットライフを過ごせるといいですね!