うちのコ!net HOME > 
ペットとの生活 > 
ドックトレーナー直伝! しつけのコツ > 
ここぞ!! で使えるハウスのトレーニング

ペットとの生活

ドックトレーナー直伝! しつけのコツ

第1回 ここぞ!! で使えるハウスのトレーニング
2011/04
第1回目 講師 長谷川先生
長谷川先生
長谷川成志(はせがわ・まさし)
犬のしつけ方教室スタディ・ドッグ・スクール®(麻布大学との共同事業)
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71 麻布大学内 TEL:(042)-712-9148
■ドッグトレーナー
(CPDT-KA、JAPDT会員、麻布大学の介在動物学研究室共同研究員)
動物人間関係学の分野で博士号。
CPDT-KA:Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed
JAPDT:NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会
ハウスはどんな時に便利なの?

休む時、お留守番時、来客時、乗車中、旅行先、災害時に活用することができ、
教えておくと利便性の高いトレーニングになります

☆ハウストレーニングの方法 準備するもの:ハウス、ご褒美、フードが詰められるゴム製のオモチャ
※ハウスの大きさは、頭から尻尾の長さプラス5cm、頭から足下までの長さプラス5cmを
目安にしてください

ハウスのトレーニング方法
step1

ハウスの中にご褒美を1つ入れて、扉を閉めます。 そして、扉を開ける時に「ハウス」と声をかけ、ハウスの隙間からご褒美をどんどん入れることで、 『中に居ると、次々ご褒美が入ってくる』と学習します。 これを繰り返すことで、「ハウス」と言ったら中に入るようになります。 普段スクールでも使用している、デビフのスナックボーイシリーズは、お肉を使ったご褒美で大好きなワンちゃんが 多いので、効果的にトレーニングを行うことができます。

step1

ゴム製のオモチャに、フードを詰めます。「ハウス」と言って、ハウスに入ったらそのオモチャを与え、扉を閉めます。 そして、ご褒美を食べ終わったら直ぐにハウスから出して、オモチャを回収します。

ドッグトレーナー推奨商品

デビフ自慢のグルメスナックボーイ

今回しつけに使用したのはコレ!!
犬はもともと肉食だったため、「生に近い食感」、「噛んだ時に弾力がある」、
「匂いが強い」食べ物を好みます。
デビフの「スナックボーイ」シリーズは、犬が大好きな条件を兼ね揃えているので、 トレーニングのご褒美に使用すれば飼い主さんの魅力もアップします!
詳細はこちら

ささみの角切り

今回しつけに使用したのはコレ!!

良質な鶏ささみ肉を食べやすい大きさの角切りにして、スープと一緒にパック。
ビタミンA・Eを強化したヘルシーで嗜好性の高いフードです。
缶詰はドライフードより賞味期限が長く、製造から約3年は持ちますので非常用袋に入れておくと、ここぞ!と言う時お役たちします!

詳細はこちら