うちのコ!net HOME > 
ペットとの生活 > 
ドックトレーナー直伝! しつけのコツ > 
「どこを触っても平気だよ!」 ~ジェントリング~

ペットとの生活

ドックトレーナー直伝! しつけのコツ

第2回「どこを触っても平気だよ!」 ~ジェントリング~
2011/05
第2回目 講師 真壁先生
真壁先生
真壁 律江 (まかべりつえ)
Pet Studio Hocci (ペット スタジオ ホッチ)
東京都練馬区下石神井1-2-3 TEL:03-5372-2380
■ドッグトレーナー
(CPDT-KA、JAPDT会員)
CPDT-KA:Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed
JAPDT:NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会 事業企画実行委員
NPO法人ドッグパーク普及協会認定・ドッグアドバイザーA級・第58号
日本ペットカウンセラー協会認定・2級ペットカウンセラー&2級ターミナルケアリスト
日本ペット栄養学会認定・ペット栄養管理士
愛玩動物福祉協会認定・愛玩動物救命士
★ジェントリングに慣れていると・・・
  • いきなり捕まえても犬がパニックになりません。
  • 病院での診察がスムーズにできます。
  • 爪切り、耳掃除、足拭き、歯磨きなどのお手入れが簡単にできます。
★ジェントリングの方法
  • 準備するもの:飼い主さんのリラックスした心、ご褒美
<首輪をいきなりつかんでも平気になる練習>

お座りをさせて首輪に手を近付けてご褒美 → 首輪に触ってご褒美 → 首輪に手を入れてご褒美。
というように少しずつ慣らします。
緊急時では、首輪をつかんで抱っこしたり、リードが近くにない場合は首輪に手をかけたまま一緒に
犬を歩かせたりすることもありますので、日頃から練習しておきましょう。

<何処を触っても平気になる練習>

犬を仰向けにして逃げない様に拘束します。
(犬が嫌がる時は無理矢理やらないで、拘束されても平気になる練習からします)

しばらくして、おとなしくなり手足が脱力したら、耳、口周り、口の中、四肢の足先などをやさしく触り、触ったらご褒美をあげて触られる事に慣らします。

モデル犬:銀太 (柴犬・6ヶ月オス)

触られるのが苦手なワンちゃんは手を近くに持っていってご褒美 → ちょっと触ってご褒美というように、少しずつ慣らして下さい。 無理矢理触ったり、押さえつけたりすると人の手が嫌いになってしまいますので、気をつけましょう。 (おやつ、おやつ!と興奮してしまう場合は、途中は「いい子だね~」と褒めて、全てのジェントリングが終わったら最後にご褒美をあげてください)

ドッグトレーナー推奨商品

素材のおいしさ、そのまま。デビフのレトルトパウチ

私の所ではトレーニングのほかにペットホテルも経営しています。
環境が変わると食欲のなくなるワンちゃんもいますので、そういう時はデビフの「レトルトパウチ」をトッピングして食べさせることもあります。
無添加で安心ですし、食いつきが良いので食べてくれるとホッとします。
使いやすいサイズなので重宝しています。
詳細はこちら