うちのコ!net HOME > 
ペットとの生活 > 
ドックトレーナー直伝! しつけのコツ > 
愛犬との遊びがもっと楽しくなる「ホップ」

ペットとの生活

ドックトレーナー直伝! しつけのコツ

第14回 愛犬との遊びがもっと楽しくなる「ホップ」
2012/05
第14回 講師 鹿野 正顕先生
鹿野 正顕先生
鹿野 正顕(かの まさあき)
犬のしつけ方教室スタディ・ドッグ・スクール®(麻布大学との共同事業)
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71 麻布大学内 TEL:(042)-712-9148
■ドッグトレーナー
(CPDT-KA、JAPDT理事/事業企画実行委員長、麻布大学の介在動物学研究室共同研究員)
動物人間関係学の分野で博士号。
CPDT-KA:Certified Professional Dog Trainer - Knowledge Assessed
JAPDT:NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会

もともと狩りをしていた犬は、獲物を追いかけて走ったりジャンプしたりアクティブに動き回るのが大好きな動物です。
そのため、普段のお散歩もただ歩くだけではなく、飼い主さんと一緒に遊びながらコミュニケーションをとれば、飼い主さんとワンちゃんの絆はより一層深まるでしょう!
そこで今回は、飼い主さんの指示でワンちゃんが足の上をジャンプして楽しめる「ホップ」というコマンドの教え方をご紹介いたします。

飼い主さんの足を超えられるように練習する

飼い主さんが、座った状態で一方の足をのばしワンちゃんの反対側にご褒美を見せ、足の上を越えるように誘導し、ワンちゃんが足の上を越えられたらご褒美をあげます。
初めはワンちゃんがまたぐだけで足の上を越えることができる高さから始めましょう。

足の高さを変えてジャンプできるように練習する

座った状態で足をスムーズに超えることができるようになったら、立った状態で片方の足を少し上げてStep1と同じように練習をします。
足の高さを徐々に高くしていくと、ワンちゃんは足の上をジャンプして飛び越えられるようになります。

「ホップ」のコマンドを教える

ワンちゃんがジャンプをして足を越えられるようになったら、ジャンプする瞬間に“ホップ”というコマンドをかけ、何度か繰り返し練習します。
繰り返し練習すると、徐々に「ホップ」のコマンドをかけたときにジャンプできるようになります。


今回は足の上を飛び越える教え方を紹介しましたが、ハードルを越えるように教えてあげれば、障害物競走を一緒に楽しむこともできます。
是非、チャレンジしてみてください!

※無理にジャンプを続けてしまうと、ワンちゃんの足腰を痛めてしまうことがあるので、ワンちゃんの様子を見ながら適度に遊びましょう。
※足腰が弱いワンちゃんは「ホップ」のコマンドを教えることはお勧めしません。

ドッグトレーナー推奨商品

愛犬のしつけにはおやつが必需品!

今回しつけに使用したのはコレ!!
詳細はこちら
詳細はこちら

今回のトレーニングでは、デビフの「おすわりくんスティックタイプビーフ」を使用しました。デビフの「おすわりくんスティックタイプビーフ」は、細かくちぎりやすく少しずつワンちゃんに与えることができるので、ご褒美の量を調節しながら効率よくトレーニングができます!