デビフは食を通じてペットの健康を考えます

TOP

ペットとの生活

健康・安心・安全に楽しく暮らす

ペットに「好かれる」飼い主になろう

ペットに「好かれる」飼い主になろう

ペットを飼っていればほとんどの飼い主さんはその子のことが大好きでしょう。でも、ペットはあなたのことをどう思っているのでしょうか?皆さんはペットに好かれていますか?  ペットはどんな飼い主さんが好きなのか、今回は飼い主さんのことが大好きなパグのゴエモンくんに聞いてみましょう。

いっぱい話しかけてくれる人が大好き!

ゴエモンくんの飼い主さんは毎日、「ゴエモン、おはよう」「ゴエモン、ご飯だよ」「お散歩に行こうか」など、たくさんゴエモンくんに話しかけています。 ゴエモンくんは声をかけられるたびにワクワクしてしまいます。 特にワンちゃんは群れで生活する動物なので、いつでも家族との交流を求めています。 ですから飼い主さんが話しかけてくれて自分を相手にしてくれるととても嬉しくなります。 ペットの名前を呼んだり話しかけたりした時、あなたのペットはどんな表情をしていますか? そばに来たり首を傾けたり飼い主さんの目をじっと見て、一生懸命その話を聞こうとしているのではないでしょうか。そういう会話の積み重ねから、やがて飼い主さんとペットの間で信頼関係が成り立っていきます。

きちんと世話をしてくれるから好き!

ゴエモンくんは食べることが大好きです。 だから、もちろんごはんやおやつをくれる人は大好きです。 ペットが食べ物をもらったときの嬉しそうな顔はとてもわかりやすいため、多くの人は食べ物を与えることでペットの愛情を勝ち取ろうとします。 しかし、その食べ物は本当にペットのためになっているのでしょうか? ペットの幸せそうな顔を長く見続けていたいと思ったら、ペットの一生を考えた健康や栄養管理に気を配らなくてはなりません。 多すぎるご飯や偏った栄養のおやつはペットを病気にしてしまいます。 ペットを病気にしない気配りをする、たとえば元気や食欲はあるか、ウンチやオシッコは問題ないか、歩き方や行動に変わったところはないか、など普段の生活から病気の早期発見や治療をしてくれる飼い主さんは「僕のことをちゃんと知ろうとしてくれているんだ」と思われ、きっと好かれることでしょう

いっぱい触ってくれるから大好き!

ゴエモンくんの飼い主さんはしょっちゅうゴエモンくんを撫でたり、ブラッシングをしたり、耳の中や肉球をチェックしてくれます。 ゴエモンくんはとっても気持ちがいいので、飼い主さんにボディータッチしてもらうのが大好きです。 ペットは信頼できる人と触れ合っていることで安心感を得ていますが、それ以外にもペットの体を触るのにはいろいろな意味があります。 ブラッシングは全身をマッサージする効果もあり、皮膚の血行を良くして健康を促します。 また、おなかや喉などの弱い部分を触らせることで飼い主さんがリーダーであるということを確認する意味もあります。 さらに、体のどこかに傷ついたり腫れている部分はないかなどをチェックすることで健康診断にもなります。

ちゃんと守ってくれるリーダーだから大好き!

ワンちゃんは遠い昔、群れを作って行動していました。 その習性が今でも残っていて、実はワンちゃんは自分の家族に対して頭の中でこっそり順番をつけています。 リーダーはその群れの一番上を示します。 社会的に見ればいわゆる社長のようなものです。 ゴエモンくんはおうちのお父さんのことをリーダーだと思っています。 そして「お父さんはいつも僕を守ってくれる。だからお父さんに従っていれば安心だ」と信じています。 しかし、もし信頼関係が築けていない飼い主さんの場合はどうでしょう。 好かれたいからといつもペットの要望を何でも聞いていてはリーダーにはなれません。 ペットはむしろそんな飼い主さんを"自分の言うことを聞いてくれる召使い"程度にしか思ってないかもしれないのです。 リーダーでもない人のことを好きになるのは難しく、また信頼できる人がいない家庭では、ペットはかえって安心することができず、不幸になってしまいます。

すべてに共通する大切なことは、「どんな時でも愛情を持ってペットに接する」ということです。目に見えないものですが、あなたの顔つきや声のトーン、触れ合う手のぬくもりなどを通してその気持ちは十分ペットに伝わります。
ペットはきっと、そんな飼い主さんのことが大好きでしょう。